TOPゲームギア > ハード概要
0%

    ゲームギア

    カラー表示可能の携帯用ゲーム機。
    オプションを使えばテレビも見られる。

    ◆ 発売日:
    1990年10月6日
    ◆ 価格:
    19,800円

    国内の携帯ゲーム機では初めてとなるバックライト付3.2インチカラー液晶ディスプレイを搭載。
    別売のTVチューナーパックを装着すれば携帯テレビとしても使用することができる。バッテリーパック
    やカーアダプタなど、屋外で使用するためのアクセサリーも充実。



    • パワースイッチ
    • 電源端子
    • 拡張コネクタ
    • ヘッドホン端子
    • 音量ボリューム
    • カラー液晶ディスプレイ
    • スタートボタン
    • 方向ボタン
    • スピーカー
    • 1ボタン
    • 2ボタン
    • ブライト(明るさ)ボリューム
    • ストラップ取付け用フック
    • カートリッジスロット
    • スタンド取付け用フック
    • 電池カバー

    型番 HGG-3200
    CPU Z80A(3.58MHz)
    MEMORY RAM64Kbit
    VRAM128Kbit
    GRAPHIC VDPセガカスタムLSI
    ディスプレイバックライト付 3.2インチ カラー液晶
    画素数480×146ドット
    発色数4096中32色同時発色(ゲーム時)
    4096同時発色(TV時)
    SOUND ステレオ 3重和音 1ノイズ
    ヘッドホン端子 ステレオヘッドホン(市販)取付け可
    拡張端子 (対戦ケーブル取付け可)×1
    スロット カートリッジスロット×1
    使用電源 単3アルカリ乾電池6本(約3~4時間連続使用可)、ACアダプタ(マーク3、マスターシステム、メガドライブのものが使用可)、カーアダプタ、パワーバッテリー、充電式バッテリーパック
    消費電力 9V(約3W)
    外形寸法 255(W)×113(D)×38(H) mm
    付属品 携帯用ストラップ、取扱説明書

    携帯ゲーム機!?

    左の写真はゲームギアにTVチューナー、ビッグウインドーII、充電式バッテリーパックを装着させたもの。実際に長時間使用するためには、別途ACアダプタが必要になる。
    まるで一眼レフカメラを連想させるその姿は、大きさ・重量ともに、お世辞にも携帯ゲーム機とは呼べないものとなってしまうが、テレビとして見た場合は、同サイズのカラー液晶画面を持つ当時の製品と比べても安価な部類に入る。


    ゲームギア 外箱

    ゲームギア発売当初の外箱は、本体写真のバックに多くのゲーム画面が登場し賑やかだが、使用されている画面はマーク3やメガドライブのもの。
    このことから当初はゲームギアオリジナルタイトルよりも、これらの作品が“場所を選ばず手軽に楽しめる”というコンセプトが強調されている。
    裏面にはTVチューナーパックを始めとする各種アクセサリーが紹介されている。


    • ゲームギア後期外箱

    • カラーバリエーションに合わせた外箱

    ゲームギアでもメガドライブと同様に、ソフトが同梱されたプラスワンパックが数種発売された。
    また、本体に『魔法騎士レイアース』のプリントが施され、同名のソフトがセットになった「キャラクターパック」という形での販売も行なわれた。

    カラーバリエーション

    ゲームギア本体のみに関しても、コカ・コーラ社とのタイアップソフト『コカ・コーラキッド』のキャンペーン懸賞用としてコカ・コーラのロゴがプリントされた赤いゲームギアや、数量限定で発売されたホワイト(本体と同色のTVチューナー、専用キャリングケース同梱)を始め、ブルー・イエロー・スモークなど豊富なカラーバリエーションを持つ。


    パンフレットギャラリー

    下の画像クリックで拡大表示されます。

    ※パンフレットに記載されている価格・問い合わせ先等は当時のものです。

    ◆ 色いっぱい、だからおもしろい。ゲームギア

    まちにまった!スーパーゲームマシンがあらわれた!

    誰もが待ちのぞんだフルカラーの液晶ゲームマシンがセガから登場した!
    TVチューナーを付ければ、なんと、TVにも早変わりしちゃうんだ。
    さあ、誰よりも早く、ゲームギアでみんなに差をつけろ!

    好きな時に好きなだけ!ゲーム&TV

    [TVモニター!]
    TVチューナーパックをつけると、なんとカラー液晶テレビに早変わりするんだよ!
    [4WAY電源!]
    いつでもどこでも楽しめるよ。
    単3アルカリ電池で5時間連続使用可能なのダ。
    [対戦ゲーム!]
    対戦ケーブルでつなげれば、二人でゲームができちゃうよ。


    (以上、当時のパンフレットより抜粋)