セガを紹介!突撃!体験レポート

セガの様々なサービスを体当たりでご紹介していきます!

レポート第2回

イベント

2018年3月9日 掲載  テキスト by たなくま(sega.jp編集部)

「#セガ公式アカウントオフ会」に潜入してきました!

取材地: セガ 品川オフィス

2018年3月7日(水)セガホールディングス本社オフィスにて、Twitterセガ公式アカウント(※)の30万フォロワーを記念し、ご応募いただき抽選で選ばれた16名の参加者のみなさまをお迎えし、第一回「#セガ公式アカウントオフ会(以下「オフ会」)」が行われた。今回はそんな記念すべきファンミーティングのイベントに潜入!レポートをお届けする。

  • ※Twitterセガ公式アカウント:
    2012年12月に開設以来、Twitter企業広報の型にはまらない個性的な投稿で話題となり、2018年2月現在30万人を超えるフォロワー数を誇る人気Twitterアカウント。
    製品紹介に留まらず、ソニックのぬいぐるみと世界を旅する企画や、セガのゲーム画像を使ったフォロワー参加型の大喜利、企業初:痛バッグのプレゼントキャンペーンなど、幅広くユニークなツイートで益々盛り上がっている。コミックス「シャープさんとタニタくん」準レギュラー出演。企業公式アカウントとの掛け合いやコラボも話題。

■開始30分前。参加者ご到着

前日までのぽかぽか陽気から一転し、オフ会当日は、冬に逆戻りしたかのような寒さだったものの、受付時間前にはすでに数人が受付待ちをしている状況に。「オフ会」スタート時間には、誰一人欠けることなく当選した16名全員が勢ぞろいした。

最初スタッフの間では「本当に全員来てくれるだろうか…」「最悪半分来てくれれば…」などと不安の声もあったが、 無事参加者全員が来社したため安堵した様子だった。

参加者は、服装からすでにセガ愛に溢れる方が多く、ソニックTシャツやセガハードバッグ、さらに缶バッジやキーホルダー・小物にいたるまで、こだわりの逸品を身に着けている方ばかりだった。

「オフ会」スタートまでの待機中も、「みなさん初対面だし、無言で厳しい空気になるかもしれない…」と勝手に予想していた。だがしかし、数分で、セガ公式アカウントについての話題や、好きなキャラ・タイトルについて語りはじめるなど、すでに参加者同士でオート暖機運転が開始されている状態で、イベントがスタートする前から、参加者のセガやセガ公式アカウントへの想いが感じられた。

カナルサイドビル外観
セガホールディングス本社が入っているカナルサイドビル。天王洲アイル駅から徒歩10分、品川駅からバス5分のカナル(運河)サイドなビル。
セガホールディングスは今年大崎へ移転を予定しているので、品川オフィスでの「オフ会」は最後かも!?
カナルサイドビル
お面を装備したセガスタッフがお出迎え。あまりお目にかかれない光景ではある。
仮面
参加者のみなさまにも身バレを防ぐために好きなセガキャラクターお面を装着していただいた。
展示品
会場にはセガ社内からかき集められた貴重な品々が、所狭しと並ぶ。
展示品
ご協賛いただきました、株式会社明治様・山芳製菓株式会社様、ありがとうございます。

■ついにイベントスタート!

いよいよ19時。待機していた参加者が移動し、「オフ会」会場へと到着!
「オフ会」会場となったのは、オフィス内の大会議室。こちらの部屋は、日頃、新人研修や講習会などが行なわれている場所だ。

ついに「オフ会」スタート。司会者(MC)として「新人広報38歳:カーベェ2号」が登壇し、軽快な噛み噛みトークで「オフ会」の趣旨や注意事項、内容についての説明から開始。もとよりガチガチに緊張していたが、実はこの時、社内の「えらい人」がこっそり覗きに来ており、さらに緊張が上乗せされたのであろう。

創造は生命。
MC「新人広報38歳カーベェ2号」がセガグループバリュー「創造は生命」をみんなで叫ぼう!などとかなり面倒くさいことを言うが、そのとおりに叫んでくれる心優しい参加者のみなさま。

一通りの説明と歓迎のトークが終わると、まずは場を温めるためミニゲーム大会がスタート。
セガトイズの「クレヨンしんちゃん 対決!ぶーぶーケツミントン」第一回世界大会が開催された。セガ公式アカウントで製品紹介した際も「懐かしい」「やってみたい」と大反響があったこのおもちゃ。アイスブレイクとして、初対面同士の「オフ会」の空気が少しでも「ケツミントン」で温まれば…という意図だったようだが、ふたを開けてみると会場は想像の100倍熱い展開、湧き上がるボルテージに! 即席で作られた2人 1チームでの試合が展開されたが、どの試合も白熱し、バドミントンの世界大会並みの「いまだっ!」「チャンス!!」「まだ拾える!!」といったペア同士の掛け合いや、一緒に混ざって応援するスタッフの声で大熱戦となった。

展示品
試合はまず「あおぷよチーム」対「きいろぷよチーム」、「あかぷよチーム」対「みどりぷよチーム」で行われた。
仮面
しんちゃんとぶりぶりざえもんを必死に押す参加者のみなさま。熱い戦いは熾烈を極めた。
展示品
優勝決定戦でみごと優勝したのは「あかぷよチーム」!賞品はくじでランダムに選ばれたので負けたチームも運しだいで貴重な品々を獲得した。
仮面
「みどりぷよチーム」はソニック・ザ・ヘッジホッグベルトを獲得。「ベルトって何だ?と思われるかもしれませんがベルトです!」とMC「カーベェ2号」。

熱さを保ったまま、続いてチーム対抗セガ公式アカウントクイズ大会へと突入。Twitter「セガ公式アカウント」を題材としたクイズが5問出題された。例えば「成人式の日につぶやかれたタイトルの名称は?」 → 正解は『オシャレ魔女 ラブ and ベリー』だが、カタカナ・漢字・英語のミスは減点など、日頃からTwitterセガ公式アカウントをチェックしているコアなファンの方でも頭をひねる問題が出題。その場にいたセガスタッフですら全問完璧正解は不可能…と思える高難度の問題が続くものの、ほとんどのチームが脅威の正解率となり、細部まで正確に記したチームが僅差で優勝に輝いた。優勝チームから4位のチームまで、順に豪華賞品が贈られた。

ちなみに筆者の個人的なMVPは、激ウマなソニックのイラストを描いて答えてくれた女性である。

展示品
難問正解に称賛の拍手が沸き上がる。
仮面
絵師さん現る! 回答フリップに見事なソニックが!

■セガを代表するあの人も登場!

ここで一人目のスペシャルゲストが登場!

「セガ公式アカウントにも登場するセガの有名人と言えば!?」 というMCに「えっ!?」「誰っ!?」「まさかっ!!!」など参加者がざわめき、間違いなく別の誰かをイメージしていたなか、「UFOキャッチャーのスペシャリストでありマイスターであり、ある意味プロキャッチャーとも言える“UFO王子”こと、セガ社員 笹谷崇」が登場! 紹介された直後、参加者が無表情になった瞬間を筆者は見逃さなかった…。
とはいえ、参加者はセガを愛してくださっている方々なので、「キャー! UFO王子ーーー!!」と応援してくれた。(ありがとうございます)
いろいろなイベントでの苦境で強くなったUFO王子は、空気を読みつつ、場を楽しませる華麗なトークとテクニックからなる「UFO王子のUFOキャッチャー講座」が始まった。ちょっと慣れてきた参加者は、当初は子どものお遊戯会を見守る親のようなまなざしであったが、必殺技の「ぶっさし」が炸裂すると、その技の正確さにどよめきが。さらに、秘奥義であり、あまり知られてはならないであろう超絶テクニック「コイン入れ 即落とし」が炸裂すると、参加者からは歓声と驚嘆の拍手が巻き起こった。希望する参加者にはUFO王子の直接指導のもと秘技を実践する機会も設けられた。

カナルサイドビル
温かい拍手に迎えられるUFO王子。
カナルサイドビル
王子のレクチャーに聞き入る参加者のみなさま。

と、ここで二人目のゲストが登場!

クールなサウンドとともに颯爽と登場したのは…「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」!! 参加者の「わぁあぁぁーー!」「ソニック!!」「かっこいい!!」という絶叫の中、会場のテンションはあっという間に本日の最高値を更新、記念写真撮影会では、みなさま今日一番という満面の笑顔をカメラに向けていた。

ここで第一部終了。ソニックとのツーショット写真を撮ったり、会場にディスプレイされた歴代ハードや貴重な「ドリームキャストはっぴ」などの展示物の写真を撮ったり。またTwitter用の自撮りをしたり、UFO王子にさらなるテクニックを聞いたり、用意された軽食を食べつつ参加者同士で談笑したりと、各自フリータイムを楽しんでいた。

カナルサイドビル
われらがソニック、満を持して登場!
カナルサイドビル
ソニックと触れ合う参加者のみなさま。
創造は生命。
集合写真はセガキャラクターお面の為、セガオールスター状態に。実にセガセガしい。

■「セガ公式SNSチーム」と参加者の交流

第二部では、多くの参加者の「真の目的」であったかもしれない「セガ公式SNSチーム」スタッフとの交流会に突入。「中の人」を含む代表メンバー5名が登壇し、事前にいただいた質問に答える「質問トークショー」と、参加者のテーブルにお邪魔して直接会話する「座談会」の二段構成であった。

「質問トークショー」では、「おすすめのラーメン屋さんを教えてください」「好きな食べ物は?」といった答えに困らない質問から、「どういった理由でセガに入社しようと思いましたか?」「公式アカウントの運営体制や、社内での関心度は?」といったメディアのインタビュー並みにガチなもの、「ゲームギア2作りませんか?」「次の家庭用ハードはまだ?」といった下手に答えられない高難度の質問までさまざま。ゲームへの熱意や中の人たちのセガへの赤裸々な想いが語られる中、UFO王子はなぜかひとり熱くラーメン談義を展開していた。

カナルサイドビル
「セガ公式SNSチーム」は素性を隠して登場。
カナルサイドビル
参加者の質問はセガ愛に満ちた内容だった。

続いてセガスタッフが各テーブルに散って「座談会」へと移行。
各テーブルでは、「緊張しながら言葉を選んでぽつりぽつりと語る方」「ここぞとばかりに熱いご意見を語る方」「深すぎる愛を言の葉に乗せる方」「それらを記者並みに一言一句逃さずテキストに打ち込む方」など、三者三様の様相で楽しまれていた。ちなみにセガスタッフも、「笑顔で聞き上手なスタッフ」「ガッツリ話し込んでいたスタッフ」「場馴れしておらず書記に徹するスタッフ」など三者三様ながら参加者との交流を楽しんでいた様子だった。

カナルサイドビル
さまざまな話題で盛り上がる座談会。
カナルサイドビル
スタッフにとってもファンのみなさまと直接コミュニケーションできる貴重な時間となった。

座談会が終わると、名残惜しくも「オフ会」終了時間に。
締めくくり、と思いきや、「サプライズ」で、この場で参加者のみなさまだけにお伝えする極秘情報をオフレコで紹介。スタッフの多くも初耳、個人的にも「おおーー!!」と驚くネタだったため、参加者には喜んでいただけたのではないかと思うところ。具体的な内容については、発表時期が来るまではシークレットのため、残念ながらまだ言えない。(続報にご期待ください。)

カナルサイドビル
帰りに感謝状を受け取る参加者のみなさま。感謝状にはイベント中に撮った集合写真が挟み込まれている。
カナルサイドビル
お土産の一部。特製痛ポーチはスタッフが心を込めて作ったという。バッヂのラインナップは一つ一つ違う。

帰りには、スタッフ一同が花道を作り、お土産がたくさん入ったSEGA袋やひとつひとつ手づくりした痛ポーチ、そしてソニックと撮影した記念写真の入った感謝状を手渡しつつ、スタッフひとりひとりが本日のお礼のご挨拶をさせていただいた。その時も多くの方から「楽しかったです!」「またやってください!」「ありがとうございます!!」といった嬉しい声をたくさんいただけた。

オフ会の模様はこちら!

■イベントを終えて…

以上の内容となった第一回「#セガ公式アカウントオフ会」。
初めていうこともあり開始30分前まで、スタッフ全員が緊張していた。しかしながら、参加者のみなさまのセガおよびセガのゲームやキャラクター、そしてセガ公式アカウントに対するあたたかい想いに包まれてとても素晴らしい「オフ会」になったと思う。
あっという間の2時間半だったが、この時間を共有できたことは私も本当に幸せだったし、何より参加者のみなさまのセガ愛が伝わってきたイベントだった。そう感じたのはもちろん参加したセガスタッフ全員だろう。

第一回の「オフ会」が終わったばかりで、「じゃ次回はいつやろうか?」というところまでまだメンバーの気持ちもたどりつけていないと思うが、ぜひ第二回も期待したい。(「セガ公式SNSチーム」のみなさん、次いつやるんですか?)

セガ公式SNSチームより

このたび、セガ公式アカウントが30万フォロワーを突破し、日ごろタイムライン上で交流しているフォロワーのみなさまとリアルで交流する企画を立ち上げたのが「#セガ公式アカウントオフ会」です。いつも支えてくださっている30万フォロワーのごく一部の方々ではありましたが、16名の参加者のみなさまには遠方からご参加いただき、実際にお会いし、ゆっくりお話できたことは、貴重な体験でした。セガ公式アカウントの好きなところを熱く語られ、今後してほしい企画をご提案いただくほか、直接、ご意見や励ましのメッセージを伺い、話しあい、笑いあうことができ、たいへん貴重で幸せな時間を過ごすことができました。初めてのオフ会で行き届かない面も多々ございましたが、参加者のみなさまにご協力いただき無事笑顔で終えることができたこと、この場をお借りして心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました!
これからもセガおよびセガ公式アカウントへの応援を末永くよろしくお願いいたします。