トピックス

2021/07/01 掲載 株式会社トムス・エンタテインメント
バイオハザード:インフィニット ダークネス

トムス・エンタテインメントがプロデュース事業強化のため“UNLIMITED PRODUCE プロジェクト”を始動!
第1弾は世界的人気ゲーム「バイオハザード」(カプコン)のアニメーションシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』を全世界配信!!

株式会社トムス・エンタテインメントは、このたびアニメーション作品のプロデュース事業をさらに強化することを目的とし、他社スタジオとも協業したアニメ作品をプロデュースする“UNLIMITED PRODUCE プロジェクト”を始動いたしました。

UNLIMITED PRODUCE プロジェクト

【“UNLIMITED PRODUCE プロジェクト”とは】

トムスはグローバルに拡大する日本アニメのニーズに応え、ジャンル的にも表現的にも、これまで以上に多岐にわたる作品を世界に向けて提供できる体制を整えるため、内製制作ラインの稼働と並行して、外部スタジオとの協業を軸とした、新規作品の企画・製作・事業・宣伝を自社で行う「自社プロデュース作品」への取り組みを強化してまいります。

自らが老舗「制作会社」でありながら外部スタジオとの協業を積極的に進める背景としては、日本アニメ産業においては、ビジネスが成功した場合でも、制作会社や制作に関わったスタッフにまで利益が還元されにくい産業構造があります。これを少しでも改善できるよう、制作会社の立場をよく理解している自らが作品をプロデ ュースし、従来にないビジネススキームを構築することで、新しい利益配分の仕組み作りに挑戦したいという想いがあります。

アニメ業界での豊富な経験とネットワークを活かし、作品の企画内容と制作スタジオとのマッチングによって、良質な作品を世界に向けて送り出し、収益の拡大を図り、その収益を作り手にも還元するという、日本アニメ産業全体の構造改革に寄与できるような取り組みを目指したいと考えています。

このように、トムスという会社が「従来の枠にとらわれずチャレンジする」という意味合いを“UNLIMITED”というプロジェクト名に込めました。

本プロジェクトの第1弾として『バイオハザード:インフィニット ダークネス』が 2021年7月8日にNetflixにて全世界独占配信を開始いたします。当該作品は、Quebico 株式会社とトムスとの共同制作作品です。また、 “UNLIMITED PRODUCE プロジェクト”としてすでに複数の作品が企画進行中であり、今後も随時有力作品の発表を行ってまいりますので、ぜひともご期待ください。

【『バイオハザード:インフィニット ダークネス』作品概要】

バイオハザード:インフィニット ダークネス

カプコンの家庭用ゲームソフトとして全世界でシリ ーズ累計販売本数1億1千万本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」がこの度、シリーズ初の連続CGドラマとして制作されました。
190ヵ国以上で2億800万人の有料メンバーが利用するNetflixにて2021年7月8日より全世界独占配信を開始いたします。
2017年公開のCG映画『バイオハザード:ヴェンデ ッタ』から4年、更なる進化を遂げた未だかつてないフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出します。

©CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.

【バイオハザードとは】

1996年に第1作「バイオハザード」が発売され、絶望的な状況から、武器やアイテムを駆使し生還していくという”恐怖”をゲームで見事に再現し、「サバイバルホラー」という新しいゲームジャンルを開拓した名作シリーズ。家庭用ゲーム機や携帯アプリなどで141作品以上もの商品展開がされているカプコンの人気コンテンツ。世界中で多くのファンを生み出し、その販売累計本数は全世界で1億1千万本を超える。2021年には発売25年を迎え、5月8日にゲーム最新作『バイオハザード ヴィレッジ』が発売された。

【カプコンとは】

1983年の創業以来、ゲームエンターテインメント分野において数多くのヒット商品を創出するリーディングカンパニー。代表作として、「バイオハザード」、「モンスターハンター」、「ストリートファイター」、「ロックマン」、「デビル メイ クライ」などのシリーズタイトルを保有しています。本社は大阪にあり、米国、イギリス、ドイツ、フランス、香港および台湾に海外子会社があります。

【トムス・エンタテインメントとは】

クリエイティブとビジネス・プロデュースの両立により、IP(知的財産)創出からお客様満足度の向上まで、「アニメーション制作事業」「映像ライセンスビジネス」「コンテンツビジネス」を軸に、ワンストップで推進する総合力を有しています。
また、『ルパン三世』『それいけ!アンパンマン』『名探偵コナン』に代表される国民的アニメ作品の継続的な制作と、累計420作品・エピソード数12,000話を超えるライブラリーをグローバル・ビジネスへとつなげています。今後は作品プロデュース事業にもさらに注力していくことで、外部スタジオとの提携や協業を推進し、続々とプロデュース作品を送り出してまいります。

【トムスの理念】

近年の世界的なアニメブームの中、市場規模は2兆円を超えるという素晴らしい情報もありますが、制作現場の環境や現場スタッフの報酬は大きく改善しておりません。ゆえにトムスは、アニメ産業構造における課題を解決し、「作り手にも利益を還元できる産業構造」への変革を目指します。
また、アニメーション制作会社として長い歴史を持つトムスが、アニメ総合プロデュース会社としてビジネスの 領域をこれまで以上に広げ、収益性を高めることで、業界全体の構造改革に乗り出していきます。

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

新着トピックス

おすすめ

新着トピックス