トピックス

2021/02/02 掲載 株式会社セガ
ソニック・ザ・ヘッジホッグ

セガ・オブ・アメリカ、NetflixおよびカナダWildBrainと
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の新作アニメシリーズ
『SONIC PRIME』の共同制作を発表
~2022年にNetflixにて全世界に向けて配信~

株式会社セガは、セガの米国子会社であるセガ・オブ・アメリカ(Sega of America, Inc.)が、人気ゲームシリーズ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の新作アニメシリーズとなる『SONIC PRIME(以下、ソニックプライム)』に関して、Netflixおよびカナダのメディア企業WildBrainとの共同制作に合意したことを発表いたします。本作は2022年よりNetflixにて全世界に向けて配信される予定です。

SONIC PRIME

本アニメシリーズは、超音速のハリネズミ「ソニック」が新たな冒険を繰り広げる全編新作で全24話を予定しています。ゲームや過去のアニメシリーズに親しんだソニックファンはもちろん、子どもから大人まで家族で楽しめる作品として制作します。セガとWildBrainが共同で制作・配給・ライセンスを担当し、アニメーション制作はWildBrainのバンクーバースタジオで行います。さらに、アカデミー賞を受賞した『ベイマックス』や『ベン10』で知られる米国クリエイターズスタジオ Man of Action Entertainmentが本シリーズのショーランナー(現場責任者)およびエグゼクティブプロデューサーとして参加します。

Netflix コンテンツ部門オリジナル・アニメーションディレクター
ドミニク・バゼイ氏のコメント

ソニックは誰からも愛されているキャラクターです。私も子どもの頃、ソニックと長い時間を一緒に過ごしました。世界中のソニックファンや新たな世代に向けてソニックの新しい冒険をNetflixでお届けできることを光栄に思います。

WildBrain 代表 Josh Scherba氏コメント

世界中に何世代にもわたって熱狂的なファンを持つ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、今日かつてないほどの人気を誇っています。Netflix、セガ、Man of Actionと提携し、世界中の視聴者に新しいソニックの冒険をお届けできることを大変嬉しく思います。このたびの『ソニックプライム』については、当社の才能あるクリエイティブチームが全力を注いで制作していきたいと思っています。私たちは自社ライブラリにある旧ソニックアニメシリーズを通じて、ソニックの人気が世界的に高いということを知っていますが、今回のソニックプライムで、新旧両方のファンの皆様に新鮮でエキサイティングなソニックコンテンツをお届けできることを楽しみにしています。

セガ取締役CSO ジャパンアジアスタジオ統括本部統括本部長 内海州史コメント

この度、ソニックをテーマとするアニメーションがお子さん、ファミリー層向けのアニメ作品で定評のあるWildBrain様とMan of Action様とのタッグで制作され、世界中で多くの方が利用されているNetflixを通して配信されることを嬉しく思います。今年はソニックシリーズ1作目である『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の発売から30年と節目の年にあたり、本取り組みが現在ソニックに関心を寄せてくださっている方に喜んでいただけることはもちろん、これまでソニックIPに触れたことのない方々にも楽しんでいただき、次の30年間につながるものになることを期待しています。

ソニック・ザ・ヘッジホッグについて

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、1991年にメガドライブ(米国ではGenesis)用ゲームソフトとして発売され、今年2021年はソニック誕生から30周年を迎えます。シリーズの累計本数はパッケージ・デジタルダウンロードを合わせ現在までに11.4億本/ダウンロードを突破しております。2020年には、映画『ソニック・ザ・ムービー』が全米興行収入1 億4600万ドルを超え、ゲーム原作映画史上最高興行収入記録を樹立しました。セガサミーホールディングスとパラマウント・ピクチャーズは、同作の続編を開発中であることを発表しています。

Netflixについて

Netflixは、190ヵ国以上で2億400万人を超える有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。

WildBrainについて

ワイルドブレインでは、想像力を刺激し、あらゆるメディアで子供や家族を魅了するコンテンツを提供しています。Peanuts, Teletubbies, Strawberry Shortcake, Caillou, Inspector Gadget, Johnny Test, Degrassiなど約13,000本にわたる映像ライブラリは、世界でも有数の規模を誇ります。カナダ・バンクーバーにある75,000平方フィートの最先端のアニメーションスタジオでは、Snoopy in Space, Chip & Potato, Carmen Sandiegoなどのシリーズを制作しています。弊社の番組は500以上のストリーミングサービスや放送局を通じて世界150ヵ国以上の国々で視聴されています。AVOD事業では、弊社のWildBrain Spark はYouTubeで最大級のキッズチャンネルであり、2億人以上のサブスクライバーを保持し、毎月約40億の視聴数を誇っています。また、自社ブランド及びコンテンツパートナー、クライアントのために、主要テリトリーにおいて消費者向け製品のライセンス事業やロケーションベースのエンタメ事業も手がけています。また、カナダで最高峰の視聴率を誇る4つの家族向けエンターテイメントテレビチャンネルを所有・運営しています。カナダに本社を置き、トロント証券取引所(TSX: WILD)に上場しています。

Man of Action Entertainmentについて

マン・オブ・アクション・エンターテイメントは、コミック界で名高いライター、Joe Casey, Joe Kelly, Duncan Rouleau and Steven T. Seagle,が所属するクリエイタースタジオです。Image Comics社より、Man of Action の名でオリジナルのコミックスも出版しています。手掛ける作品には、累計60億ドルを誇る少年向けフランチャイズ『ベン10』があり、カートゥーンネットワークで放映されたアニメーションの第4シーズンではエグゼクティブプロデューサーを務めています。2018年にカートゥーンネットワークでデビューした『Mega Man:Fully Charged』では開発・脚本・製作総指揮を務めました。翌年の2019年にカートゥーンネットワークでデビューした『Power Players』では開発・製作総指揮を務めました。さらに、ネットフリックスで配信されたZAG社のZak Storm: Super Pirateシリーズ、またカートゥーンネットワークのGenerator Rex シリーズも過去に手がけています。また、米国ディズニーXDで放送された『アルティメット・スパイダーマン』シリーズ、『アベンジャーズ・アッセンブル』はエグゼクティブプロデューサー、ライターとして、またディズニー/マーベルのアカデミー賞受賞作『ベイマックス』のキャラクター、チームの創作にも携わりました。テレビゲーム、玩具、コミックス以外にもMan of Action は映画また実写テレビ番組のクリエイター、プロデューサー、ライターとしても知られています。2018年に公開された映画、『I kill Giants』や2016年に公開された『Officer Downe』がその代表例としてあげられます。


セガ・オブ・アメリカについて

セガ・オブ・アメリカは、株式会社セガのアメリカ現地子会社です。PC、携帯デバイス、家庭用ゲーム機に向けたゲームの企画・開発・販売・運営を行っています。

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

新着トピックス

おすすめ

新着トピックス