トピックス

2020/06/29 掲載 株式会社セガ エンタテインメント
セガのたい焼き

90年代にゲームセンターを席巻した「アストロシティ」筐体が
スマホスタンドになって登場!
『セガロゴ焼き』+『アストロシティ型スマートフォンスタンド』セット
2020年6月29日(月)より発売開始

株式会社セガ エンタテインメントは、6月29日(月)より、「セガのたい焼き秋葉原店(東京都千代田区秋葉原)」にて、『セガロゴ焼き』と『アストロシティ型スマートフォンスタンド』のペーパークラフトをセットにしたスペシャルメニューを販売いたします。

『セガロゴ焼き』+『アストロシティ型スマートフォンスタンド』セット
▲『セガロゴ焼き』
『セガロゴ焼き』+『アストロシティ型スマートフォンスタンド』セット
▲『アストロシティ型スマートフォンスタンド』
※スマートフォンは含まれません

【『セガロゴ焼き』とは?】

『セガロゴ焼き』は、セガの直営店舗として運営している「セガのたい焼き」において、「セガにしかできないたい焼きをつくりたい」という思いを発端として企画。検討を重ねた結果、セガグループの象徴であり、セガファンの方々にも馴染みの深いブランドロゴをそのまま“たい焼き”で表現することで商品化が実現しました。
非常に高い完成度で焼き上げる『セガロゴ焼き』の反対面には、セガグループが大切にすべき価値観である「創造は生命」を彫り込んでいます。「セガグループのロゴを食べ物にする」という初の試みとして、発売開始以来、多くのファンの皆様に愛されている人気商品です。

【『アストロシティ型スマートフォンスタンド』について】

『セガロゴ焼き』とセットで販売する『アストロシティ型スマートフォンスタンド』は、セガのアミューズメント施設でしか入手できないオリジナルペーパークラフト「セガエンタテインメントクラフトシリーズ」の第2弾です。
「アストロシティ」とは、1990年代にセガをはじめとするゲームセンターで大活躍した汎用ゲーム筐体で、一世を風靡した対戦格闘ゲームをはじめとして、シューティング、スポーツ、パズルなどの数々のゲームを搭載し、当時のゲームセンターの主力機器のひとつとしてその名を馳せました。
この「アストロシティ」筐体のフォルムをペーパークラフトとして忠実に再現。スマホを挿し込み、ゲーム動画などを再生すれば、当時の「アストロシティ」筐体の活躍さながらに、どこでもゲームセンターの雰囲気をお楽しみいただくことができます。
今後もセガ エンタテインメントのアミューズメント施設は、お客さまのニーズに合わせた細やかなサービスの提供を図ってまいります。

『セガロゴ焼き』+『アストロシティ型スマートフォンスタンド』セット
『セガロゴ焼き』+『アストロシティ型スマートフォンスタンド』セット

※お使いのスマートフォンによっては、スマートフォンスタンドとしてお使いいただけない場合もございます。
※「ペーパークラフト」と表現しておりますが、PP素材を使用したプラスティック製品です。

【商品概要】

■商品名:
『セガロゴ焼き』&『アストロシティ』スマートフォンスタンドセット
■価格:
500 円(税込)
■販売期間:
2020年6月29日(月)~完売次第終了
■販売店舗:
セガのたい焼き 秋葉原店(営業時間11:00~21:30)
■店舗所在地:
セガのたい焼き 秋葉原店 東京都千代田区外神田1-10-11F
■店舗HP:
セガのたい焼き 秋葉原店
https://tempo.sega.jp/tnsb/sega_taiyaki_akihabara/
■著作権表記:
©SEGA
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

新着トピックス

おすすめ