PC・家庭用ゲーム

2018/03/09 掲載 株式会社セガゲームス

『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』
セガ公式オンライン大会「VOOSTERS CUP 1803」の 予選トーナメント表を公開!予選大会は3/11(日)から開始!!

株式会社セガゲームスは、対戦型バトルアクションゲーム『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機(以下、とある魔術の電脳戦機)』について、 セガ公式のオンラインゲーム大会「VOOSTERS CUP 1803」の公式サイトにて予選大会のトーナメント表を公開いたしました。
本大会ではA~Dの計4回予選トーナメントを実施し、各トーナメントを戦う32名の中から上位2人が決勝トーナメント進出の代表権を得られます。予選トーナメントは3/11(日)より開催され、大会の模様は生放送で配信しますので、大会に参加されない方もハイレベルな戦いを是非ご覧ください。

バナー:VOOSTERS CUP 1803

◆予選トーナメント

【予選トーナメントA】

3月11日(日)12:00〜

実況 店員18号/解説 プレイヤー代表 レン/亙プロデューサー

【予選トーナメントB】

3月11日(日)18:00〜

実況 店員18号/解説 プレイヤー代表 レン/亙プロデューサー

【予選トーナメントC】

3月18日(日)12:00〜

実況 店員18号/解説 プレイヤー代表 ミハラナオ/亙プロデューサー

【予選トーナメントD】

3月18日(日)12:00〜

実況 店員18号/解説 プレイヤー代表 ミハラナオ/亙プロデューサー

生配放送は上記Youtube Liveの配信の他、放送時間に行われる「とある魔術の電脳戦機&バーチャロン公式」(@vow_2017)のツイートからPeriscopeでも視聴できます。

【ゲーム「電脳戦機バーチャロン」とは】

「電脳戦機バーチャロン」は、セガが1995年にリリースした、世界初の対戦型3Dロボット・バトルアクションゲームです。
ダイレクトな操作感とハイ・クオリティのゲーム性、そしてカトキハジメ氏の手によるスタイリッシュなバーチャロイドの存在感が噛みあい、大きな支持を得ました。
アーケードを中心にシリーズ初代『電脳戦機バーチャロン』(1995年)、『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』(1998年)、『電脳戦機バーチャロン フォース』(2001)、と三部作を展開。2003年にはPlayStation®2向けに『電脳戦機バーチャロン マーズ』をリリース。
また、多数の商品化やコラボレーションなど多彩な展開を行ない、今にいたるまで根強く支持されるシリーズです。

【小説「とある魔術の禁書目録」シリーズとは】

「とある魔術の禁書目録」は鎌池 和馬氏が電撃文庫で展開する大ヒットシリーズで、本伝41巻(2018年1月現在)の他にも、短編集、外伝、コラボレーション作品を含め、多くの文庫・単行本が発刊されています。さらに、コミカライズ、TVアニメーション、TVゲーム、劇場映画、等、数々のメディアミックスを展開する、学園異能バトルの金字塔と言われる作品です。

<ストーリー>

“超能力”をカリキュラムとする学園都市に“魔術”を司る1人の少女が空から降ってきた。『インデックス(禁書目録)』と名乗る彼女の正体とは……!?あらゆる異能を打ち消す『幻想殺し(イマジンブレイカー)』を右手に持つ少年・上条 当麻は、悲劇の運命にとらわれた少女を救うために戦う―-!

【 商品概要 】

商品名:
電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録(インデックス) とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)
発売日:
発売中
価格:
PlayStation®4通常版7,990円(税別)、PlayStation®4限定版12,490円(税別)
PlayStation®Vita通常版6,990円(税別)、PlayStation®Vita限定版10,990円(税別)
対応機種:
PlayStation®4/PlayStation®Vita
ジャンル:
対戦型バトルアクション
レーティング:
CERO C(15歳以上対象)
プレイ人数:
1人(オンライン最大4人(Coop共闘あり))
発売元:
株式会社セガゲームス
販売元:
株式会社セガゲームス
著作権表記:
©SEGA CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
©2017 鎌池和馬
キャラクターデザイン・原作イラスト/はいむらきよたか
Licensed by KADOKAWA CORPORATION ASCII MEDIA WORKS
ポータルサイト:
電脳戦機バーチャロン シリーズ公式サイト
公式Twitter:
とある魔術の電脳戦機&バーチャロン公式
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

新着トピックス

おすすめ