ゲームセンター/施設

2017/08/01 掲載 株式会社セガ エンタテインメント
SEGA VR AREA ABENO

セガ あべのキューズモールに「SEGA VR AREA ABENO」 をオープン!! VR アトラクション「ZERO LATENCY VR」が関西初上陸! ゾンビを倒すシューティングゲーム「ZOMBIE SURVIVAL」が登場!
2017年8月4日(金)10:00~

株式会社セガエンタテインメント(本社:東京都品川区)は、セガ あべのキューズモールに、2017年8月4日(金)より VR アトラクションを楽しめる施設「SEGA VR AREA ABENO」を新規開設いたします。225㎡という広大な空間でVR を体験できる「ZERO LATENCY VR」は、関西初導入のアトラクションとなります。

■「SEGA VR AREA」(セガ ブイアール エリア)とは

セガエンタテインメントが展開するVRアトラクションを楽しめる施設です。
ご家庭では味わえない、ゲームセンターだからこそ体験できるVRコンテンツを厳選してお届けします。

ビジュアル:「ZERO LATENCY VR」(ゼロレーテンシー  ブイアール)

■「ZERO LATENCY VR」(ゼロレーテンシー ブイアール) とは

ゼロレーテンシー社(オーストラリア)が開発したVR アトラクションです。最大の特徴は、プレイヤーが仮想現実世界を自由に歩き回ることができる「フリーローム」と最大 6 人での協力プレイが楽しめる点です。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を利用した最新の VR 技術とフリーローム・マルチプレイというゲーム性を兼ね備えていることから、一足先に導入した「東京ジョイポリス」では、圧倒的な仮想現実への没入感を体験することができると開業以来大好評です。

ロゴ:「ZOMBIE SURVIVAL」(ゾンビ サバイバル)

■「ZOMBIE SURVIVAL」(ゾンビ サバイバル)のあらすじ

舞台はゾンビに襲われ壊滅的な被害を受けた街。住民を救出するため、総司令部が救出チームを2チーム送り込んだが 戦況は悪化している状況。
プレイヤーのミッションは救出チームを支援するために送り込まれるチームアルファの一員となり拠点を守り抜くこと。 四方八方から迫りくるゾンビを他のプレイヤーと協力して撃退せよ!

写真:ZEROLATENCY
ビジュアル1:ZEROLATENCY
ビジュアル2:ZEROLATENCY
ビジュアル3:ZEROLATENCY

アトラクションご利用に関するご注意事項

以下の条件を満たす方は体験できません。

  • 13歳未満(12歳以下)の方
  • 110cm未満の方
  • お酒を飲まれている方
  • 高血圧の方
  • 体調の悪い方
  • 妊娠中の方
  • 腰手術患者の方
  • 心血管および呼吸器に病気のある方
  • ペースメーカーをご利用の方
  • 骨折している方
  • 心身に障害をお持ちの方
  • ギプスまたは体にパッドを着用して体が自由に動かせない方
  • 騒音 暗所 閉所 に敏感な方や恐怖を感じる方
  • 暗所恐怖症の方(パニックを起こす恐れあり)
  • 介助が必要な方
  • その他、係員によりご利用が難しいと判断した方

<SEGA VR AREA ABENO 概要>

名称:
SEGA VR AREA ABENO
アトラクション名:
ZERO LATENCY VR
ゲーム名:
ZOMBIE SURVIVAL
プレイ時間:
およそ30分(ゲーム前ブリーフィング含む)
プレイ人数:
1人~6人
プレイ料金:
2,000円(購入は現金のみ)
受付方法:
ご来店時にカウンターにて注意事項等の説明を受けていただいた後、係員よりプレイ可能な時間をご案内いたします。その後、券売機にてチケットを購入していただき、受付完了となります。記載されたプレイ予定時間になりましたら、受付にお越しください。
オープン日:
2017年8月4日(金)10:00~
会場:
セガ あべのキューズモール (あべのキューズモール 3F)
住所:
〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6−1
営業時間:
10:00~22:00
定休日:
施設の定休日に準じます。
TEL:
06-6633-5880
アクセス:
大阪市営地下鉄御堂筋線 谷町線 天王寺駅 12号出口より徒歩2分/大阪市営地下鉄谷町線 阿倍野駅 2号出口より徒歩2分/JR 天王寺駅 南口より徒歩3分/近鉄南大阪線 大阪阿部野橋駅 西改札より徒歩3分/阪堺電車上町線 天王寺駅前駅より徒歩2分
公式サイト等:
セガ あべのキューズモール 店舗ページ
SEGA VR AREA ABENO アトラクションページ
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

新着トピックス

おすすめ