インタビュー・南 人彰

P1 - P2 - P3 - P4 - P5 

今回の「名作アルバム」開発スタッフインタビューは、『アドバンスド大戦略 ドイツ電撃作戦(以下『アドバンスド大戦略』)』のプランナーを務めた南人彰さんが登場。
『アドバンスド大戦略』の舞台になぜ第二次世界大戦が選ばれたのか? コンピューターの思考時間はなぜあんなに長いのか? アドバンストじゃなくてアドバンスド? などなど……


いま、すべてが語られる!

南 人彰 プロフィール

1988年入社。プランナーとして第2研究開発部(コンシューマーソフトを制作する部署)に配属。メガドライブ『スーパー大戦略』『アドバンスド大戦略』の企画を担当。

セガ退社後、株式会社チキンヘッドの代表取締役に就任。代表作にドリームキャスト『アドバンスド大戦略2001』、PC『ADVANCED大戦略IV』など。
南人彰



ずーっと大戦略をつくっています

─  まずは、株式会社チキンヘッド設立の経緯を教えてください。

■  大学時代、「シミュレーションゲーム研究会」の会長をしていたんですよ。そこのサークルの資産が年々増え続けていて、学内といえど税金を納めなければいけなくなる危険性を心配したんです。そこでサークルの資金を端的に管理する方法のひとつとして、法人化を思いついたんです。

当時、法律が変わろうとしている時で、株式会社をつくるのに35万円でつくれるところを、もうすぐ1000万円も必要になるというんです。それならば今のうちにつくってしまったほうがいいということで、会のOBが集まって設立したのが「チキンヘッド」です。

ところが、設立した時点で皆最初の目的には飽きちゃいましてね……(笑)。そのまま放置してしまいました。
株式会社チキンヘッド

平成2年2月26日設立。主にコンピュータソフトウェアの開発・製造・販売を行う。また軍事書籍専門のオンライン書店「軍事選書堂」にて書籍の販売も行っている。

株式会社チキンヘッド
http://www.chickenhead.co.jp/
■  その後、僕はセガに入社して『スーパー大戦略』や『アドバンスド大戦略』をつくっていくわけです。ところが、ちょうど『アドバンスド大戦略』の完成間近だった頃、シミュレーションゲーム研究会のOBから電話がかかってきたんですよ。「独立してゲーム会社を始めないか?」って……。前にせっかくつくった容れ物(=チキンヘッド)があるから、それを使おうというわけです。

名義だけとはいえ代表取締役だろう、だから一緒にやるのは当然だな、と……。それで「しゃーないなー、学生時代の友達がそう言うならやろうかなー」と思ってセガを辞めました。

この「株式会社チキンヘッド」の創業は平成3年2月(平成2年2月26日設立)になるんですが、僕の実務参加は6月からのはなしです。それ以降ドリームキャスト用『アドバンスド大戦略』『〜2001』 、PC用『アドバンスド大戦略98』『〜IV』など、現在も「大戦略」シリーズを中心に開発をしています。
南さん

「『チキンヘッド』という社名の由来は、創設メンバー全員が、『三歩あるくと忘れてしまう“とりあたま”』だったからです(笑)」
─  セガに入社して最初の作品は『スーパー大戦略』ですよね。

■  はい。システムソフトの『スーパー大戦略』をメガドライブに移植することになったんですが、先輩方が忙しかったことと、シミュレーションゲームということで先輩方が敬遠されて、なかなか企画を担当する人間が決まらなかったんです。そんな時、部長の「シミュレーションなら、もともとそういうつもりで採用したんだから、お前だろ」の鶴の一声で、入社して3ヶ月目の僕がいきなり企画をやることになったんです。

学生時代に原作はかなり遊んでいたのが幸いしたのでしょうか。7月から開発が始まったのですが、12月には完成にこぎつけました。無茶苦茶なスケジュールでした……(苦笑)。今考えると、よく半年で完成したなと(笑)

─  半年はすごいですね。スタッフ間で衝突などしなかったんですか?

■  うーん、ケンカをしたことはよく覚えています(笑)

……当時、ソフトをつくる部署と取扱説明書をつくる部署は別々だったんですが、『スーパー大戦略』の取扱説明書が、シミュレーションだから大変なのでつくって欲しい、と頼まれたんです。実際、自分で書いた方がいいと思いましたので引き受けて作業していたんです。

すると部長がやって来て、「お前はどこの部署の仕事をしてるんだ。お前はソフトの部署なんだから、ソフトだけつくればいい。取説(取扱説明書)は取説の部署に任せればいい!」と怒鳴られ、労働時間のことでケンカになってしまったんです。

僕は「それだったら、タイムカードを押してから取説をつくりますから……、それならいいでしょう?」と突っぱねたんですが、「お前が使う電気代はこの部署のものだ!」とかなんとか言われてしまって……(苦笑)

結局、最後は僕もわけのわからない論理を持ち出して12月中は取説をつくり続けました(笑)

南さんがセガ在籍時にプランナーとして携わった作品

[メガドライブ]

・スーパー大戦略
・アドバンスド大戦略

株式会社チキンヘッド制作作品

[ドリームキャスト]

・アドバンスド大戦略
・アドバンスド大戦略2001

[PC]

・ソニック・ザ・ヘッジホッグ・
 ザ・スクリーンセーバー
・プラトゥーンリーダー
・アドバンスド大戦略98
・アドバンスド大戦略98 II
・アドバンスド大戦略2001
・アドバンスド大戦略IV

[スーパーファミコン]

・サージェントサンダース
 コンバット!
 (発売元:アスキー)

─ 他 ゲームソフトの監修等を含め多数タイトルを担当。



ストーリー・作品解説

トップページにもどる

進めていく楽しみと、進化させていく楽しみ