トピックス

2021/05/20 掲載
株式会社ダーツライブ

元男子バレーボール日本代表選手で国土交通大臣政務官の朝日健太郎議員が
「スポーツダーツプロジェクト」公認アンバサダーに就任

セガサミーグループの株式会社ダーツライブは、同社が展開する「スポーツダーツプロジェクト」のアンバサダーに、参議院(東京都選挙区)で国土交通大臣政務官を務める朝日健太郎議員が就任したことをお知らせいたします。

スポーツダーツプロジェクト

朝日議員は男子バレーボール日本代表選手として2008年の北京、2012年のロンドンと、オリンピックに 2 大会連続で出場。現役引退後は、NPO活動や講演、メディア出演などを通じてバレーボールの普及や青少年の育成に取り組み、2016年に東京都選挙区より参議院選挙に出馬し初当選。2020年より国土交通大臣政務官を務められております。

スポーツダーツプロジェクトとの出会いは2019年

スポーツダーツプロジェクト

朝日議員と同プロジェクトの出会いは2019年。ダーツのユース大会『スポーツダーツ選手権大会U-22』にプレゼンターとしてご登壇いただきました。当日は、世界中から集った若いダーツプレイヤーの熱戦を前に、予定していた滞在時間を超え、ギリギリまで試合をご観戦。
以来、朝日議員には健康寿命を伸ばす生涯スポーツとしてのダーツ発展を掲げるプロジェクトの趣旨にご賛同いただき、これまでのダーツ普及活動に際しても、さまざまな観点から相談に応じていただいて参りました。

スポーツ競技としてのダーツ発展に期待

スポーツダーツプロジェクト
写真はスポーツダーツプロジェクトの表敬訪問時のもの。写真右が朝日氏。写真中央は衆議院議員の馳浩氏。

スポーツダーツプロジェクトでは、従来のダーツのイメージに縛られずに「スポーツダーツ」を拡散していくため、業界内外から公認アンバサダーを任命。アンバサダーは、さまざまなイベントや施策を通じ、スポーツダーツ普及活動を先導します。

朝日議員は、NPO法人日本コオーディネーショントレーニング協会理事長の荒木秀夫さん、プロダーツプレイヤーの星野理絵選手、2016年リオデジャネイロパラリンピック銅メダリストの官野一彦選手に続く、4人目の公認アンバサダーです。

今後も朝日議員のお力添えをいただきながら、年齢・性別・身体の壁を超えることのできる「ビヨンドスポーツ(生涯スポーツ)」としてのダーツ普及活動取り組みに、一層尽力していきたいと考えております。


■朝日健太郎議員 プロフィール
1975 年、熊本県出身。法政大学卒、早稲田大学大学院修了。男子バレーボール及びビーチバレーボール日本代表として活躍。熊本地震を契機に、誰もが輝ける社会の実現のため参議院選挙への立候補を決意。2016年東京都選挙区より出馬、初当選。妻、娘と息子の4人家族。

スポーツダーツプロジェクトが提唱する「ビヨンドスポーツ」

スポーツダーツプロジェクト

ダーツは元より、年齢や性別、身体能力の差にとらわれにくい競技であり、誰もが楽しめるスポーツとして完成された一つの形であるといえます。さらに、現在のコロナ禍においてもオンラインで競技が完結するダーツは、他のスポーツと比べ、一歩先にある状態にあり、だからこそ先陣を切って可能性を切り拓いていかねばなりません。

ダーツライブは2020年に"ダーツを誰もが楽しめるスポーツに”をコンセプトとした「スポーツダーツプロジェクト」を発足。既に、子どもからお年寄りまでダーツを健康的に楽しむ場の提供やサポート、ダーツの生涯スポーツ化・文化的発展を目指して活動しています。

株式会社ダーツライブは、国内オンラインダーツマシン設置総台数第1位のダーツマシンメーカーです。ダーツマシンの開発・設置だけでなく、2020年8月にはダーツの生涯スポーツ化を目指すスポーツダーツプロジェクトを始動、他社様とのコラボキャンペーンやイベント運営、ダーツ事業以外の新たな事業、エンタテイメントの提供にも尽力しています。

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

新着トピックス

おすすめ