トピックス

2021/04/15 掲載 株式会社セガトイズ
ホームスター

家庭用プラネタリウム「ホームスター」シリーズ
累計販売台数170万台を突破!!

~巣ごもり需要で急伸!!前年比190%の販売台数を記録~
インスタ等SNSでの「おうちキャンプ」ブームもヒットを後押し!

株式会社セガトイズは、家庭用プラネタリウム「ホームスター」シリーズの販売台数が、前年比で190%急伸。2021年2月には、世界累計販売台数が170万台を突破しましたことをお知らせいたします。

10万台を販売出来れば大ヒットといわれる玩具市場で、「ホームスター」は、世界初の光学式家庭用プラネタリウムが話題になり、その後も様々なシリーズを展開。ロングヒット商品となっています。

ホームスター

おうちエンタメ需要にともない昨対190%急伸! シリーズ累計販売台数170万台を突破

2020年は、コロナウィルスの蔓延により増加した「おうち時間」において、スイッチ1つで「満天の星」を部屋いっぱいに広げ、いつもの我が家を極上空間へと変化させられることから、世界的に、家庭用プラネタリウム「ホームスター」への注目が集まりました。その結果、前年比で190%急増し、国内外での「ホームスター」シリーズ累計販売台数は、170万台を突破しました。

いつもの我が家で、6万個の星がおりなす神秘的な星空体験ができる

家の中にテントを設営し、キャンプ気分を満喫できる「おうちキャンプ」や、ベランダにタープを張ってキャンプ飯を楽しむ「べランピング」が、家の中でアウトドアや、非日常を味わえると流行をみせています。そんな中、家庭用プラネタリウム『HOMESTAR Classic』は、流れ星が出現する流星機能、地球の自転による星の動きを再現した日周運動機能を搭載し、満天の星のもと、家の中でも大自然を味わえる商品として国内外で人気を集めています。

ホームスター

世界屈指の「プラネタリウム・クリエーター」大平貴之氏が監修した、世界初の光学式家庭用プラネタリウム

2005年8月、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修し、世界初の光学式家庭用プラネタリウムとして「HOMESTAR」の販売を開始。2008年には約12万個の星を投影可能なシリーズ最上位モデルが登場し、その後、キャラクターやアーティストとのコラボレーション、お風呂でも使用可能なモデルなど数多くのシリーズを生み出しています。星々が織り成す美しい夜空はいつの時代も人々を魅了してきました。「HOMESTAR」シリーズも世界中の人々に魅力あふれる星空体験を提供できるよう進化を続けています。

【プラネタリウム・クリエーター 大平貴之氏】

ホームスター

小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、学生時代に個人製作では不可能と言われたレンズ投影式プラネタリウムの開発に成功。1998年、従来の100倍以上にあたる170万個の星を映し出す「MEGASTAR」を発表し、話題に。2004年、「MEGASTAR-IIcosmos」がギネスワールドレコーズに認定。2005年に有限会社大平技研を設立。国内外施設への「MEGASTAR」設置の他、大型イベントやアーティストとのコラボレーションなどでプラネタリウムの可能性を切り開き続けている。直径500m級の巨大ドームに投影可能な新型プラネタリウム投影機「GIGANIUM(ギガニウム)」を開発し、2019年にはメットライフドームで1万人が同時鑑賞した史上最大プラネタリウムを実現。

<商品概要>

■商品名:
『HOMESTAR Classic Solar System(ホームスタークラシックソーラーシステム)』
■同梱内容:
本体、原板×2(カラー1枚、白黒1枚)、ACアダプター、取扱説明書兼保証書
■商品サイズ:
幅159×高167×奥151mm
■素材:
本体:ABS、PC、鉄、ガラス、PE
原板:アクリルACアダプター:PC、ABS、PVC
■対象年齢:
15才以上
■価格:
12,100円(税込)
■発売日:
2021年3月4日(木)
■著作権表記:
©SEGATOYS
■販売流通:
玩具専門店、量販店、雑貨販売店、通信販売、セガトイズ公式ECサイト「セガトイズ.com」など

■商品名:
『HOMESTAR Classic(ホームスタークラシック』
■同梱内容:
本体、原板×2(カラー1枚、白黒1枚)、ACアダプター、取扱説明書兼保証書
■商品サイズ:
幅159×高167×奥151mm
■素材:
本体:ABS、PC、鉄、ガラス、PE
原板:アクリルACアダプター:PC、ABS、PVC
■対象年齢:
15才以上
■価格:
12,100円(税込)
■著作権表記:
©SEGATOYS
■販売流通:
玩具専門店、量販店、雑貨販売店、通信販売、セガトイズ公式ECサイト「セガトイズ.com」など
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

新着トピックス

おすすめ