トピックス

2020/02/12 掲載 株式会社セガゲームス
ソニック・ザ・ムービー

『ソニック・ザ・ムービー』
限界突破のパワーみなぎる日本オリジナルポスター完成!
ハイテクな敵の反撃で大ピンチ!本編映像解禁!

「ソニック」シリーズは、1991年に株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガゲームス)から発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』以来、様々なゲーム機向けにシリーズ作品が展開され、目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける革新的なゲーム性と、音速で走る青いハリネズミ「ソニック」のクールなキャラクターが日本を始め、世界のゲームファンの心をつかみ、愛され続けています。

イメージ

そして、全世界でシリーズ累計約9.2億本※を記録した日本発の大人気キャラクターがハリウッド実写映画化された作品、『ソニック・ザ・ムービー』が3月27日(金)に公開となります!!(※=DLを含む)『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと、『デッドプール』のティム・ミラーがプロデュースし、監督にはアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートのジェフ・ファウラーが、実写初監督に大抜擢。才能溢れるキャスト・スタッフが揃い、世界的人気ゲームキャラクターがスクリーンを駆け巡る!

この度、大切な仲間を守るため限界を超えたスーパーパワーを放つ日本オリジナルポスターが完成!
合わせて、倒したはずの敵からまさかの反撃にあってしまい大ピンチに陥るシーンの本編映像も解禁いたします!

イメージ

全身から電流をほとばしらせ、眼光を青く鋭く輝かせたソニックが「これがオレの力だ!仲間を守って見せる!!」と意気込むこのポスターは、ソニックを生んだ日本オリジナルのデザイン!お馴染みのアイテムである金のリングが大きく拡がり、ソニックのスーパーパワーをつけ狙う宿敵ドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)との大興奮のハイスピードバトルが今にも始まり出しそうな、エネルギッシュで迫力満点の仕上がりです。

合わせて解禁された本編映像は、天才科学者であるドクター・ロボトニックが開発した凶悪な兵器を一度退けたはずが、内部から小さなヘリ型の兵器が再び飛び出し、ソニックと相棒トム(ジェームズ・マースデン)の乗るトラックが急襲されるシーン。音速で駆け抜けられるはずのソニックが、トラックの助手席に乗りこんでいる理由も気になるところだが、息つく間もなく展開されるハラハラドキドキのアクションに俄然期待大!

カーアクション映画の最高峰『ワイルド・スピード』シリーズを全て手がけ、本作のプロデュースを担ったニール・H・モリッツ「手に汗握るアクションに、コメディに、ソニックと人間の友情から生まれる大きな感動。この作品には、みんなが好きな映画の要素が詰まっている。監督のジェフ・ファウラーが、周りが期待する冒険と爽快な楽しさを表現すると同時に心温まる物語に仕上げているんだ」と力を込めて語る、超高速スピードアドベンチャーに是非ご期待ください!

■『ソニック・ザ・ムービー』本編映像・字幕版|THIS ONE IS CUTE

■監督:ジェフ・ファウラー
■製作:ニール・H・モリッツ(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ティム・ミラー『デッドプール』
■出演:ベン・シュワルツ、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー、ティカ・サンプター
■日本語吹替版:中川大志、山寺宏一、中村悠一、井上麻里奈
■全米公開:2020年2月14日
■原題:Sonic the Hedgehog
■配給:東和ピクチャーズ
■公式サイト:sonic-movie.jp
■コピーライト:©2019PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2020年3月27日(金)全国ロードショー!

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。