トピックス

2016/09/16 掲載 マーザ・アニメーションプラネット株式会社
バイオハザード:ヴェンデッタ

フルCG長編アニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』
東京ゲームショウ2016でプロモーション映像が全世界初公開!

9月15日(木)より18日(日)まで開催中の東京ゲームショウ2016で、15日(木)に『バイオハザード』シリーズプロデューサー小林裕幸氏と、本作のエグゼクティブ・プロデューサーである清水崇氏、監督の辻本貴則氏がパネルディスカッションに登壇し、『バイオハザード』シリーズ、フルCG長編アニメーション映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』のプロモーション映像が全世界初公開されました。

このプロモーション映像は東京ゲームショウ期間、カプコンブース内で上映されるとともに、『バイオハザード:ヴェンデッタ』公式サイトでも9月18日17時より配信されます。
公式サイトでは、最新情報もいち早くお届けしていきます。

◆最強スタッフが仕掛ける、『バイオハザード』シリーズ、最高の恐怖

エグゼクティブプロデューサー:清水崇(『呪怨』シリーズ)

監督:辻本貴則(『THE NEXT GENERATION パトレイバー』)

脚本:深見真(『PSYCHO-PASS サイコパス』)

音楽:川井憲次(『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』)

原作監修:小林裕幸(『バイオハザード』シリーズ)

劇場版『呪怨』シリーズを手がけ、アメリカでのリメイク版では日本人初となる全米興行成績初登場1位を獲した、ホラー映画の巨匠・清水崇と、実写版『機動警察パトレイバー』シリーズなどドラマティック且つ、アクション映像表現を得意とする辻本貴則による強力タッグに、話題作を多く手がける深見真が脚本を担当し、原点回帰となるホラーストーリーとダイナミックなアクションシーンを描く。
音楽を担当するのは、実写映画、アニメ、TVドラマ、ゲームと幅広く活躍する川井憲次。
原作監修としてカプコンから『バイオハザード』シリーズのプロデューサー小林裕幸。
CGアニメーション映画第1弾『バイオハザード ディジェネレーション』(2008)、第2弾『バイオハザード ダムネーション』(2012)からスタッフを一新した、最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』は、往年のゲームシリーズファンのみならず、実写映画ファン、アニメファンも満足させる作品に完成しました。

◆『バイオハザード:ヴェンデッタ』とは

シリーズ累計販売本数6,900万本を超えるサバイバルホラー・アクションの代名詞、『バイオハザード』の世界観をベースに、歴代ゲームに登場した人気のキャラクターたち、不気味な存在を醸し出す、オリジナルで新しいキャラクターたちが、予測不可能なバトルを繰り広げる!
昨今の“ゾンビブーム”の原点となる『バイオハザード』シリーズをCGスタジオのマーザ・アニメーションプラネットがハイクオリティCG技術で描く、最新のフルCG⻑編アニメーション映画。
日本国内配給はKADOKAWAが担当する。

映画 『バイオハザード:ヴェンデッタ』 2017春 公開予定

© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

  •  記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。