セガハード大百科メニュー MASTERSYSTEM
MASTERSYSTEM
MASTERSYSTEMトップ 各種データ 関連・周辺機器 ソフトウェア ギャラリー

関連・周辺機器




セガ ゴールドカートリッジ

セガ ゴールドカートリッジ

「メガロム」と呼ばれた大容量(1M〜4Mまで)のカートリッジソフト。ゴールドカートリッジの名前通り、パッケージはゴールドを基調としているが、カートリッジの色は白(セガマーク3の色と同じ)。1989年までに約70本が発売された。

1M(128KB)単位のチップを搭載しており、従来のもの(SC/SG用・16〜32KB)に比べて、音楽やキャラクターなどたくさんのデータを詰め込むことができるようになった。

1987年冬、マスターシステムの発売に伴いカートリッジの色も黒色に変更され、これに伴いパッケージにも若干の変更が施された。(箱ウラのマーク3の写真が消えるなど)。

1988年には、サードパーティであるサリオが参入し、シルバーカートリッジ(『アルゴスの十字剣』『ソロモンの鍵 王女リヒタの涙』)が発売された。



後期パッケージ


セガ ゴールドカートリッジパッケージ(後期)

セガハード大百科