トピックス

2016/02/15 掲載 株式会社セガ エンタテインメント
アミューズメント施設
クラブセガ新宿西口

SuicaやPASMO等の交通系電子マネーがセガのゲームセンターで使える!
クラブセガ新宿西口にてキャッシュレス決済が可能に

2016年2月15日(月)より「クラブセガ新宿西口」にて、ゲームセンターに設置のほぼすべてのゲーム機で電子マネーをご利用いただけるシステムを試行導入いたします。
まずは、「Suica」、「PASMO」、「Kitaca」、「TOICA」、「manaca(マナカ)」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の各交通系電子マネーから対応を開始します。


【電子マネー導入の概要】

●導入開始店舗:
クラブセガ新宿西口

●設置開始日:
2016年2月15日(月)

●対応電子マネー:
「Suica」、「PASMO」、「Kitaca」、「TOICA」、「manaca(マナカ)」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の各交通系電子マネー
※その他の電子マネーには順次対応予定です。

●対応ゲーム機:
プライズゲーム(UFOキャッチャー等)、ビデオゲーム、カードゲーム、音楽ゲーム、プリントシール機
※キッズカードゲーム機等の一部機器を除く

●対応ゲーム台数:
260台

【電子マネー導入の目的】
弊社では今回の電子マネー試行導入の結果を踏まえ、2016年度内の本格導入を目標としています。電子マネー導入の目的は以下のとおりです。
・キャッシュレス化による顧客利便性の向上
一般社会における電子決済の多様化に対応できる基盤を整備し、従来よりもお客さまが手軽にプレイ料金をお支払いいただけるようにします。
・柔軟な価格設定によるゲーム価値の多様化
一律100円単位であったプレイ料金を1円単位に変化させることで、店舗形態や立地、また顧客ターゲットに合わせた適正な対価やサービスの設定を創出します。
・従業員の金銭管理業務負担の軽減し、お客さまサービスの向上に還元
両替機のトラブルや硬貨の集金作業にまつわる店舗従業員の作業を軽減し、人的リソースをこれまで以上にお客さまへのサービスに割り振ることができるようになります。

電子マネー決済システム

今回の試行導入においては、株式会社セガ・インタラクティブ、株式会社ユニカ、TFペイメントサービス株式会社が共同で開発を進めている電子マネーシステムを採用しています。
TFペイメントサービス株式会社が提供する、電子マネー決済処理をサーバー上で行う"シンクライアント型"の「シンカクラウド」を利用し、低コストで多機能なサービスを、高いセキュリティで実現しました。
また、決済端末には、株式会社ユニカ社製の「Game Account Unit/GAUⅢ」を採用し、店舗内のデータの送受信は無線方式のため、店内ゲーム機の移動も容易に行うことができます。
このシステムの利用により、将来的には全ての当社アミューズメント施設における決済シーンへの電子マネー対応を目標としています。

  • ※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • ※「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
  • ※「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • ※「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • ※「manaca(マナカ)」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。
  • ※「ICOCA」は、西日本客鉄道株式会社の登録商標です。
  • ※「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • ※「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
  • ※「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。
  • ■ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。