ここはこのページの先頭です
SEGA
ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ
SEGA-SAMMY GROUP

ページ内を移動するためのリンクです。

会社情報

ニュースリリース|

セガの『Rez』、第6回文化庁メディア芸術祭
審査委員会特別賞を受賞


2002年12月19日
株式会社セガ

株式会社セガ(本社:東京、代表取締役社長:佐藤秀樹)の発売するプレイステーション2用ソフト「Rez(レズ)」(開発元:株式会社ユナイテッド・ゲーム・アーティスツ、代表取締役社長:水口哲也)が、第6回文化庁メディア芸術祭審査委員会特別賞を受賞致しました。

 『文化庁メディア芸術祭』とは、文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁,CG-ARTS協会,日本経済新聞社)主催の元、「新しい表現技法を開拓した創造性あふれるメディア芸術作品を顕彰するとともに、先端的なメディア芸術の鑑賞機会を提供することにより、我が国のメディア芸術の振興を図る」という主旨に基づいて、毎年優れた作品を表彰するものです。
(詳細:http://www.cgarts.or.jp/festival/
 審査委員会特別賞は審査委員会により特に推薦された人物、作品等に贈呈される賞で、「Rez」の作品に貫かれた斬新なコンセプト、これまでのゲームにはない新規性などを評価頂き、今回の受賞となりました。

 今回受賞した作品「Rez」は、全編に流れるテクノミュージックに合わせ「撃つ(=音を鳴らす)」という行為によりプレイヤー自身がリズムを奏でることでトランス感覚を体感できるシューティングゲームです。独特の世界を表現した映像とプレイヤーがつくり出すサウンド、そしてコントローラーや周辺機器「トランスバイブレーター」による振動などが融合し、これまでにはなかった不思議な感覚(高揚感)を創出します。本作は映像や音とゲーム性の融合という部分において全く新しい表現を行った作品であり、新しいゲームのアプローチを提示できた作品だと自負しております。

 今回の受賞は、ひとえに熱いご支持を頂きましたユーザーの皆様、メディア関連の皆様、流通関係の皆様など、多くの人々に支えられて獲得することができたものです。ここに謹んで御礼申し上げます。

 なお『文化庁メディア芸術祭』は、これらの作品の授賞式や作品展を含めて2003年2月28日(金)〜3月9日(日)の間、東京都写真美術館にて開催される予定です。

  • ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。